京都・奈良  三十三 間堂

三十三間堂

 鳥羽上皇と後白河上皇がそれぞれ三十三間堂を造営したが、共に宝治2 年(1248年)に焼失した。文永3年(1266年)に二寺を統合して一寺として再 建。実際には南北六十六間あるが、二間ごとに柱を立て三十三間堂としている。慶長11年(1606年)浅田平兵衛がここで通し矢51筋を射たのが通し矢 の、これぞ嚆矢。
着色
21 × 28cm

[次の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。