京 都・奈良   嵐山

嵐山

 淀川に注ぐ桂川は渡月橋を境にして保津川、大堰川と呼び名が変わる。 保津川は徳川期までは木材の集散地として筏流しが往来したが、明治には衰退し筏師の 多くは川下りの船頭に転職した。この写真は渡月橋から上流を見たもの。川下りした船を人力でもって川上に引き上げている。明治中期の撮影。
着色
21 × 28cm

[次の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。