スティルフリード  武士と従者

武士と従者

 この写真に見られる大木を描いた書割はスティルフリードのスタジオの ものである。彼は横浜の居留地の中でスタジオを幾度か変えているが、この書割は比較 的初期のものであり、明治ひとけたの頃であろう。外国人にとっては従者が主人にへりくだっているのが物珍しいものだったのだろう。
着色
28 × 21cm

[次 の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。