鎌 倉・江ノ島・箱根  江ノ島 神社の鳥居

江ノ島神社の鳥居

 江ノ島は弁財天が祀られ神仏混合の霊場だったが、慶応4年の神仏分離 令により、江ノ島神社に統一され全島が神社の境内となった。島の入り口には青銅の大 鳥居が建てられその両側には旅館が立ち並ぶ。明治中期の撮影である。
着色
21 × 28cm

[次の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。