鎌 倉・江ノ島・箱根   宮の下 富士屋ホテル

宮ノ下富士屋ホテル

  横浜の遊郭神風楼の主人、山口粂蔵の養子仙之助が藤屋旅館を買収し 富士 屋ホテルとしたのが明治11年である。この建物は明治16年に焼失することとなる が、この写真はこの5年の間に撮影されたもの。宿泊客の外国人がベランダから撮影者のほうを見ている。
着色
21 × 28cm

[次の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。