店舗  呉服屋

呉服屋

 反物を選んでいるのは母と娘だろう。大和屋の暖簾が掛かる店先であ る。丁稚は大福帳をチェックし、主人はすぐにも値を言えるように算盤を手に待機してい る。スタジオでの撮影なのだが心憎い演出である。横浜ファサ―リ商会の明治30年頃のアルバムの写真。
着色
21 × 28cm

[次 の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。