横浜 本牧の 漁村

本牧の漁村

 明治の初年には本牧は半農半漁の村であったが風光明媚で外国人が好ん で訪れるようになり、遊歩道も作られた。岬の袂にあった本牧十二天(明治初年に本牧 神社と改称)には茶屋も設けられていた。この美観は本牧埠頭や臨海工業地帯の形成とともに消滅することになる。
着色
21 × 28cm

[目次へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。