長 崎 稲佐海 岸

稲佐海岸

 港湾を挟んで対岸に長崎市街が見える。風光明媚な場所として知られ、 幕末と明治初年に、ベアト、上野彦馬、内田九一がそれぞれこの場所で撮影した写真が 残されている。その頃にはこの画面とは違い洋館はなく、船の背後に家が一軒あるだけだった。現在稲佐湾は埋め立てられ、丸尾公園となっている。この写真は 明治中期の撮影。
着色
21 × 28cm

[次の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。