職人  客を待つ人力車

客を待つ人力車

 お茶屋か料亭の入り口だろう。しかし何時の世もお客様は神様なのであ る。飲めや歌えやで遊んで帰る客でも有り難い事に変わりはない。江戸時代から明治中 期のこの頃でも履物を脱いで入る店はおいそれと庶民がいけるものではなかった。
着色
21 × 28cm

[次 の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。