職 人  籠を編 む職人

籠を編む職人

 細く割った竹で籠を編んでいる。鮮やかな手さばきなのだろう。出来上 がった笊や籠が積み上げてあるが、どれも見事な出来ばえである。鳥伏せ籠、御膳籠、 味噌漉、うどん掬いがうしろに掛けてある。明治 中期だろう。
着色
21 × 28cm

[次 の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。