日 本ところどころ 軽井沢

軽井沢

 中央の噴煙が見えるのが浅間山。英国人宣教師A.C.ショウが始めて 軽井沢を訪れ、その自然に感嘆し避暑地としての開発を提唱したのが明治18年。この 写真はその頃のものだろう。横川ー軽井沢間に鉄道が走るのは明治26年のことである。
着色
21 × 28cm

[次の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。