職人  傘張り

傘張り

 竹を割った骨を火に炙りながら伸ばし、糊で和紙を張りつける。それに 荏胡麻油をひいて乾かし、傘を作った。傘に写真師の文字が読み取れる。この写真と同 じ名刺判のものが中島待乳の写真台帳に確認されているので、撮影者は彼かも知れない。明治20年代撮影。
着色
21 × 28cm

[次 の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。