日 本ところどころ  川崎大 師の鐘楼

川崎大師の鐘楼

 真言宗智山派平間寺と言うのが正式名称。寺伝によれば、大治2年 (1127年)平間兼乗が川崎の海から弘法大師の像を見つけ、安置する寺を創建したのが 起こりと言う。厄除け大師として多くの参拝者を集め、今日に至っている。この写真は明治20年代の撮影。
着色
28 × 21cm

[次の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。