京 都・奈良   清水寺 本堂

清水寺

 延暦17年(798年)僧・延鎮と坂上田村麻呂が金色十一面四十手観 音像を造り、それを安置するお堂を建てたのが清水寺の起こりと言われている。以来十 数度焼失破壊されているがそのたびに再建されてきた。現在の本堂は寛永10年(1633年)再建のもの。明治中期の撮影。
モノクロ
21 × 28cm

[次の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。