日 本ところどころ  名古屋 城

名古屋城

 尾張名古屋は城でもつというが、金の鯱がない名古屋城はなんとも間が 抜けている。金鯱は明治4年に宮内省に献納され、以後全国で巡回された博覧会の目玉 とされた。金鯱が再び名古屋城に戻るのは明治12年2月のこととなる。その間の金鯱が留守にしていたときの写真である。
モノクロ
21 × 28cm

[次の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。