日 本ところどころ 日光神 橋

日光神橋

 大谷川に架かっていた「山菅の蛇橋」と呼ばれた橋が日光に東照宮を 祀ったときに旧名を失った。欄干から橋板に至るまで全て朱塗り、擬宝珠と欄干は金メッ キした金具が取り付けられ光彩を放っていた。この橋は通行を許されず、参詣者は手前の板橋を渡った。明治中期の撮影。
着色
21 × 28cm

[次の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。