ベアト 東海道小田原

東海道小田原

 小田原は相模第一の宿場町であり、後北条氏以来の城下町として栄えて きた地。この写真の中央奥が城山で小田原城がある。天秤棒を担いだ物売りや人出の賑 わいが伝わってくる、幕末写真の絶品の一枚である。
モノクロ
21 × 28cm

[次 の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。