京 都・奈良  東大寺

東大寺

 天平時代、膨大な国費を費やして建造された東大寺は天平文化の代表で あ る。大仏殿には高さ14.9mの盧遮那仏が鎮座する。長い歴史の中で戦火に見舞わ れた大仏は江戸期に改鋳され、大仏殿も明治40年から大正4年にかけて大修理されている。この写真で見る大仏殿は大修理前のもので明治中期の撮影。
モノクロ
21 × 28cm

[次の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。