ベアト 馬で行く

馬で行く

 御用の札は天下御免の印。○に十の字は、この時代、勤皇の旗頭として 鼻息の荒かった薩摩である。客も馬引きも、馬でさえも得意そうに見えてくる。
着色
21 × 28cm

[次 の写真へ]
放送大学附属図書館
このページの古写真画像の無断使用・複製・配布を禁じます。